私がiPhone 5をソフトバンクで機種変更した理由+使ってみた感想

先日、2年間使ったiPhone 4からiPhone 5に機種変更した。容量は32GBで色は黒。キャリアは熟考を重ねた末、ソフトバンクに残留するというところで今回は手打ちにした。予約は最寄りのソフトバンクショップにて。予約したのが10月の頭だったので、約1ヶ月待ったことになる。どうやら32GBの黒が一番人気らしいので、この際仕方ないとしよう(冷静に考えると異常だが…)。

この1ヶ月間、ソフトバンクに残るかauにMNPするかでさんざん迷った。たくさんの購入者レビューや比較記事を読み、価格.comや2ちゃんねるも巡回した。そうやってあれこれ逡巡しながらどっちにしようか決めかねている人もいると思うので、参考までに私がソフトバンクに決めた経緯とiPhone 5の所感を書き連ねておく。これから購入を考えている方の判断材料になれば幸いだ。

【キャリア】MNPしないでソフトバンクに残った理由

これはどこでもさんざん言われていることだが、機種変更よりMNPした方が安い。なので今の時代、キャリアにこだわって機種変更するより二年ごとにMNPする運用方法が絶対に賢い。だが、料金だけがすべてじゃないのが今の携帯電話業界の難しいところだ。しかも今回はLTEという新しい判断材料も加わった。

電波状況に不満がないなら現状維持でリスク回避

まず肝心かなめの電波状況に関してだが、私は今現在、自分の生活圏においてソフトバンクの電波に対する不満は特にない。今までソフトバンク以外のキャリアを使ったことがないので、他のキャリアがどれくらいつながるのか想像がつかないというのもあるが、だからいくらauの方がつながると言われても、残念ながらそれは乗り換えの動機にはならない。

よく「ソフトバンクよりauの方がつながる」とは聞くが、auにMNPして確実に今より電波環境がよくなる保証は、よくよく考えるとない。なので現状に不満がなければ「隣の芝生は青い」と他社に乗り換えるより、今のキャリアに残る方がリスクはない。

今後の展開についてはソフトバンクの方がおもしろいことになりそう?

基本的にソフトバンク、au両社ともLTEについては「これからがんばります!」という姿勢は一緒で、今のところは横一線な感じがする。比較記事はこれまでにたくさん出ているが、あるAという記事ではauの方がいいと書いてあるし、別のBという記事ではソフトバンクの方がいいと書いてあるといった状況で、これはつまるところたいして差がないということではないかと思っている。

12月にはじまるソフトバンクのテザリングがいったいどれくらい使い物になるのかどうかも注目ポイントだが、やはり一番の関心事はソフトバンクの“切り札”ともいえるイーモバイルの買収がどれくらい影響を及ぼすかどうかだろう。来年春あたりからイーモバイルのLTEも使えるようになるとの話だが、それまでにソフトバンクのLTE環境もかなり整うはずだ。そこにイーモバイルも加わるとなると…。これからおもしろくなってくるのは俄然ソフトバンクの方な気がする。

バッテリーの持ちは結局のところ差はない?

iPhone 5は発売当初、auの方がいろいろとチューニングして連続待受時間を長持ちさせるようにしているという話があった。だが先月末のソフトバンクの発表会で孫正義が「(ソフトバンクの方がバッテリー持ちが悪いという)誤解を解く」として、ケータイWatchの該当記事を批判した。孫正義が言うには、ソフトバンクのiPhone 5の方が連続待受時間は長いらしい。もうこうなってくるとわけがわからない。これではまるで、互いが「自分の方が強い!」と張りあう子供のケンカのようだ。

これの意味するところはつまり、結局どちらもたいして変わらないということだろう。また、ここで語られているのはあくまでも連続待機時間の差であって、連続使用時間に関しては差がないという話もある。結局のところそれは各々の使い方によって変わってくるからだ。iPhoneは普通にフルで使っていれば丸2日間バッテリーが持つ端末ではないので、毎日1回は充電する必要がある。つまり丸1日バッテリーが持てばいい話なのだ。

最終的には孫正義がおもしろいと思えるかどうか

私は今までずっとソフトバンク一筋だが、それはただ単にJ-PHONE時代から使っているというだけで、孫正義が好きだからというわけではない。すごい人だとは思うが、あまり信用に足る人だとは思えない。「やりましょう!」は自分の都合のいい時にしかつぶやかないし、今回のiPhone 5の発売時もauの後出しジャンケンばかりやっていたし…。

しかし、それでもソフトバンクはauよりおもしろい。それだけは間違いない。スプリントの買収なんて、auやドコモには真似ができない芸当だろう。この買収劇が数年後にどういった実を結ぶことになるのか想像もつかないが、この孫正義という男の一世一代の大勝負をもうちょっと見ていたい。ただの観客としてでなく、身銭を切るひとりのユーザーとして。というわけで、とりあえずあと2年間はこの船に乗せてもらうつもりだ。

【保証】延長保証(AppleCare+)には入るべきだと思う

iPhone 4を買った時はAppleCare(当時はAppleCare+ではなくAppleCareだった)には入らなかったし、今までこういった延長保証の類いは利用したことがない。携帯電話に限らず、家電全般は初期不良さえ乗り切ればよっぽどのことがない限り故障することはないと思っている。

ただしiPhoneに限っていえば、それに当たらないとこの2年間の経験で思い至った。iPhoneのホームボタンは必ず壊れると思っておいた方がいい。Appleが物理ボタンをやめない限り、iPhoneユーザーはホームボタンの経年劣化と付き合っていかなくてはならない。なのでAppleCare+に入って通常保証期間終了後も比較的気軽に有償修理できる状態にしておくのは悪くない選択肢のように思う。

【アクセサリー】Apple Care+に入れば裸も(そこまで)怖くない

4はここ1年間くらいケースを外して裸(とはいってもフィルムは貼っていたが)で使っていたので、5はいっそのことフィルムも貼らずに完璧な裸状態で使ってみようかと今のところ思っている。そのためにApple Care+に入ったというところもある。8800円の透明なケースを買ったと思えばいい。

裸運用の所感

この数日間、初めてiPhoneをフィルムなしで使っているが、やはりガラスのタッチ感はいい。なんか指が画面に吸いつく感じだ。なので指のすべり具合はフィルムありの方がいいのだが、ガラスも気になるほど悪くはない。指紋も思いのほか付着しないし、サッとこすれば簡単に消える。

懸念していたガラスの強度については、iPhone 5のタッチパネルは4/4Sの時よりも強度の高いゴリラガラス2が採用されているという話もあるらしいので、落としたり強くぶつけたりしない限り割れる心配はなさそうだ。逆にフィルムはけっこう簡単にキズがつくので、実はフィルムを貼っている方が裸以上に丁寧に扱わなくてはいけないのかもしれない。

ガラスフィルムについて

最近はフィルムよりも強度の高いガラスフィルムを貼るのが流行りらしい。でもガラスの上にガラスを貼るってどうなのかな?と個人的には思う。タッチの反応が悪くなりそうだし、実際そういうレビューもちらほら目にする。厚みはどの商品も0.4ミリくらいらしいが、その分ホームボタンが押しづらくなるというのもいただけない。ホームボタンシールを貼れば回避可能だが、スマートじゃない気がする。また値段がフィルムの倍以上するのに、貼る時は一発勝負と思った方がいいというのも怖い。以上のように、流行っているわりにはリスクばかりが目立つように思うので選択肢から外した。

ただ、ポケットに入れる時が気になる…

一点、裸運用で不安があるとするならポケットのなかだ。むき出しの状態でポケットにつっこむのがまだちょっと怖い。なので全体を覆うようなカバーとかに入れて持ち歩き、使う時だけカバーから出すというのも考えたが、サッと使えないのが面倒な気もする。なんかスマートじゃないし…。まあ慣れという部分も大いにあると思うので、とりあえずしばらく裸で使ってみて、それでもやっぱり気になるようなら何か解決策を考えたい。

【容量】バランスのよい32GBがベター

4では32GBを使っていたのだが、実際は10GBも使っていなかった。音楽データは別のプレーヤーに入れているし、動画を持ち歩く気もないので5は16GBで事足りると思ったのだが、まあ何があるかわからないし保険的な意味で今回も結局32GBにした。16GBも64GBもちょっと極端なような気がするので、迷ったならバランスのよい32GBがベターな選択肢ではないかと思う。

つい忘れがちだがiOSにも容量がある。16GBならば実際に自分で自由に埋められるのは14GBくらいだろう。その14GBという数字をはたして多いと思うか少ないと思うか。私はやっぱりちょっと少ないなあ〜と思った。たとえばオフラインでも使える地図アプリ「Map Fan」は2GB近くある。ゲームや辞書などのアプリも総じてけっこう重い。そういう大容量アプリをいくつも駐在させるつもりなら、必然的に16GBという選択肢は考えられない。

※余談だが、先の震災でGoogleマップにはかなりお世話になったのだが、当たり前だが電波が飛んでいなければ使い物にならない。少しでもバッテリーを残しておきたい震災時には、オフラインでも使える「Map Fan」のようなアプリが大変便利であることを痛感したので、私はもしもの時のために駐在させている。

どうしても早く欲しいなら64GB?

64GBは最近になって在庫が出始めているらしい。ソフトバンクだと当日持ち帰り可の店舗もあるとか。Twitterで検索してみても、64GBはあまり待たずに買えてる人が多そうだ。16GBと32GBは依然として1カ月待ちは覚悟の状態が続きそうなので、あんまり待たずに早く欲しいという人は64GBもアリかもしれない。

【カラー】画面に没入できる黒の方が無難

色については、いろいろ考えても結局は好みの範疇だと思うので、自分が気に入った方を選べばそれでいいと思う。

だだ考慮の余地があるとするなら、5は金属部の素材がアルミなので衝撃に弱いということだ。黒の場合は周りも全部黒にカラーリングしてあるのでキズが目立つ。その点、白は黒に比べればキズが目立ちにくい。指紋も黒より気にならないと思われる。

逆に黒のメリットは、白よりも画面に集中できることだろう。動画は画面周りが黒い方が観やすいと思うし、動画に限らずあらゆるシーンでも黒の方が何かと無難かなと思う。Apple的にもサイトを見る限りでは今回は黒推しであるように感じる。

【所感まとめ】iPhone 5はワクワクする

iPhone 5は素晴らしい機体だと思う。LTEを抜きにしても魅力に溢れている。アプリの立ち上がりも速いし、読み込みもサクサクだ。4インチの画面はちょっと大きいかな〜と思うが、一度触ってしまえばいままでの3.5インチでは物足りなさを感じてしまう。そして何より笑っちゃうくらい薄くて軽い。いままで4/4Sを使っていた人なら思わずニヤけてしまうだろう。

最後に。LTEはワクワクする。別に何をするでもなく「あっ、LTE入った!」「あ〜、ここはまだLTEきてないんだ〜」と画面のアンテナをみてるだけで一喜一憂できるなんて思いもしなかった。それはまるで時代の変わり目をみているようでもある。