僕らのミュージック – サカナクション『sakanaction』感想

近ごろサカナクションのアルバム『sakanaction』ばかり聴いている。『kikUUiki』あたりまではハマってよく聴いていたけど、ここ数年はあまりピンとくる感じじゃなかった。なのに今回の新譜は不思議と飽きない。

たぶん音が気持ちいいんだと思う。特に三曲目の「ミュージック」までの最初の流れは見事。でもそれ以降はあまりパッとしない。悪くはないのだけど、どこか既視感ならぬ既聴感がある感じだ。

逆にいえば「ミュージック」だけが出色の出来ともいえる。ミニマルなイントロから大サビの大合唱まで一切無駄がない。初めて聴いた時は鳥肌がたった。ひとりで歩いてる時に聴いてると、ああこれは僕たちの音楽なんだなあとしみじみ思う。

個人的には「INORI」みたいな音作りを突き詰めていって欲しいのだけど、いざ突き詰めはじめたら今度はバンドとしての方向性がよくわからないことになってきそうな気もする。そういう意味では「ミュージック」はこれからのひとつの可能性だと思う。

これが現時点での到達点だという気負いは感じられるし、そういう意味でのセルフタイトルなのだろうが、でもここはあくまでも通過点だろう。次の一手が気になるところだ。今回のアルバムで次のシングルが楽しみになってきた。でもその期待さえあざやかに裏切るサカナクションであって欲しい。