超絶テクニックとあくなき探究心 – LITE『Installation』

LITEの進化が止まらない。リリースの度にいろんな面をみせてくれるし、どんどんおもしろくなっていく。

特にシンセサイザーを導入してからが本当におもしろい。そんな彼らの挑戦は前作『For all the innocence』でひとつのかたちとして結実したかのようにみえたが、今にして思えばそれすらも通過点にすぎなかったということを、今作『Installation』で颯爽と証明してみせてくれた。もはやポストロックという枠を超えて「LITE」というジャンルを確立してさえいると思う。

自分たちにしかできない自分たちの音楽を、彼らは常に探し求めている。LITEのそんな真摯に自分とみつめ合う思慮深さと前向きな姿勢は、音楽としての良し悪しを抜きにして、人として見習いたいとさえ思わせてくれるものがある。

超絶テクニックとあくなき探究心。この両輪がガチッと嵌っている今のLITEは、贔屓目抜きにしてもハッキリ言って無敵にみえる。脂がのりまくっている今のLITEの音を聴かないのはもったいないと思うので、とりあえず気になる人は新譜を買って体験してもらいたい。

個人的にはシンセサイザー導入前の『Phantasia』も凄く好きなのでこちらもオススメ。もちろん『For all the innocence』もオススメ。この二枚とはずいぶん長い付き合いだが、そこに新しくもう一枚加わりそうだ。

あと、LITEはライブも凄くいい。前作のリリースの時にワンマンツアーに行ったが、多幸感あふれる素晴らしいライブだった。CDを聴いてハマったら、必ず生でLITEがみたくなると思う。彼らの超絶プレイに酔い痴れてもらいたい。