清々しいまでの「何も残らなさ」 – 『パシフィック・リム』感想

なにかとビッグタイトルが目白押しの2013年夏だが、その中でも一際異彩を放っているのがギレルモ・デル・トロ監督の『パシフィック・リム』だろう。

デカい怪獣とデカいロボットがガチンコで殴り合う。たったそれだけの事前情報で「ムムム…なんかおもしろそう…」と自然に自分のなかのセンサーが反応してしまうのは、アニメ大国・特撮大国ニッポンで生まれ育った性(さが)なのか。それとも万国共通の「男の子マインド」によるものなのか。

とまあ、そんな感じで公開前から密かに期待していた『パシフィック・リム』を公開から少し時間が経ってしまったが観てきた。結論から言うと、とてもおもしろかった。そして観終わった後に心になーんにも残らない。でもそこがいいと思うし、すごいところだろう。そして、日本のアニメや特撮への愛情とリスペクトを端々とはいわず全面に感じることができ、それが我々日本人をくすぐったくさせ、嬉しくさせ、そして誇らしい気持ちにさせてくれる。

あんまり難しいことを考えて観るタイプの映画だと思うので、気になっている方は早めに劇場に足を運ぶことをおすすめする。絶対に映画館で観た方がおもしろいと思うから。ちなみに私は2Dの吹き替えで観たがなかなか良かった。ホントに実写版のアニメを観ているような気がして。3Dでもよかったかなとも思った。

恐怖を「楽しむ」

なんかあっさり目に感想を書ききってしまったので、最後にちょっとだけ考察を。

本作を観てあらためて「デカいは怖い」だなと思った。最近『進撃の巨人』に端を発した巨人ブームみないな風潮があるが、巨大なものに対する畏怖の念は理性なんて飛び越えたところにある動物としての本能だと思う。

では、どうして巨大なものが怖いと思うのか。それはそれが食物連鎖で自分より上に立つ者だとすぐにわかるからだ。それと対峙した時、きっと私たちは瞬間的に喰われると思う。もしくは踏みつぶされると思う。つまり死ぬと思う。

でも、人間ってのは不思議な生き物で、本作でも序盤に「次第に人類と怪獣との戦いはショーになっていった」というナレーションがあるが、これはなかなか風刺がきいてると思ったし、すごくリアルだと思った。自分の命に危険が及ばない範囲でなら、私たちはその恐怖を他人事のように「楽しむ」ことができる。世界の終わりにだって、我々はその世界の終わりを「楽しむ」権利が許されているんだ。