親愛なるX5へ

Klipsch Image X5というイヤホンが、かつての愛機だった。「かつて」なのは、断線してもう片耳しか鳴らしてくれないからだ。

昔からヘッドホンやイヤホンが好きで、ある時KOSSのPortaProというヘッドホンに出会った。PortaProが断線してはPortaProを買い、都合3台買った。それくらいお気に入りだった。PortaProには音楽を楽しませるという力があると思う。ヘッドホンやイヤホンに原音を忠実に再生して力を望む人は多いが、私の場合は、いかに聴く人を楽しませてくれるかも大事なポイントであり、PortaProはその方向性を私に指し示してくれた。

そんなPortaProへの情熱が少し治まった頃、ふと立ち寄った家電量販店でKlipsch Image X5に一目惚れする。未来を感じさせるX5の流線型のフォルムは、いわゆる「イヤホン」なデザインが並ぶショーケースの中で、そこだけ輝いているようにさえ見えた。それから数年間、断線するまで私はどこに行くにもX5と一緒だった。

X5が断線した次はOrtofon e-Q7を買った。そのe-Q7が先日、購入してからわずか半年という早さで断線してしまった。保証期間内なので、ヨドバシに行って修理をお願いすることにした時、そうだと思って断線したまま棚の奥で眠っていたX5も修理の見積もりだけでもとってもらおうと持って行った。

e-Q7は問題なくメーカー修理という話になったのだが、X5に関してはメーカー側で部分修理はやっておらず、修理となるとコードの総取り替え、つまりほとんど新品交換ということになり、新品を買うのと値段は変わらないとのこと。店員が言うには以前にもX5を修理した人がいて、その時の金額が15000円だったとのこと。今ならそれくらいの値段で新品が買えるのでやめることにした。

親愛なるX5へ。楽しい音楽をいっぱい聴かせてくれてどうもありがとう。

前の記事
これより古い記事はありません

次の記事